ダナン_2017.06旅・散歩のコト

ダナン旅行記(2017.06) その1

旅・散歩のコト
この記事は約3分で読めます。

今日から不定期で、6月6日~10日まで行ってきたダナン1人旅のことを書こうかと思います。とりあえず今回は1日目ホテルに着く前工程まで。

ダナンへは、成田からの直行便を利用しました。ベトナム航空319便です。

元々は、もっと安い羽田発の深夜便を利用しようとしてました。羽田のほうが自宅から行くにも成田に比べたら所要時間が短いし。ただ、どこでも寝れない自分にとっては、深夜発の乗継便はちょっと厳しいかなと思ったのです。多分、寝ずに乗継先のホーチミン(ハノイだったか?)について、そこから疲労困憊で午前中にはダナンに着き、その日いっぱい睡魔との戦いで観光どころじゃない自分がなんとなく想像できた(笑)

VN319便搭乗口(成田)

結果、直行便にして自分は正解でした。成田まではちょっと遠いけれど、その日のうちに現地まで着いて、現地でゆっくり休んだ後に翌日から行動できたのはよかった。ベトナムとの時差は-2時間ですが、2時間程度、あってないようなものなのですね。

機体は、AirbusA321です。左右に3列づつの機体で、座席にエンタメ用の画面などは付いてません。映画も上映してましたが、共通のモニタで見る感じです。もちろん、英語(ベトナム語の字幕付)で、日本語での上映はありませんでした。

困ったのが機内最後尾にあるトイレ。通路が真ん中しかないので、CAが食事などを運んでいるときは、トイレに行きたい人で通路が詰まってしまってました。このあたりは、乗務員の腕の見せ所でしょうか。自分は後部の通路側に座っていたので、空いているときにさっと済ませましたが、混んでるときは通路に人が常にいて(並んでいて)、ちょっと落ち着かなかったかな・・・。

ちなみに、機内食はこれです。和洋いずれかを選べましたが、とりあえず洋を選択。軽食レベルでしたが、味は悪くはなかったです。

VN319 機内食

飛行時間はだいたい5時間半くらい。このくらいなら、ちょっと疲れたかなくらいですね。アメリカに行ったときよりも、すごく楽に感じました。(そういやあのときは夜便だったっけ・・・)

ダナン国際空港到着

着いて、タラップに出た途端、「なんだ、この湿気は!暑い!」というのが正直な感想です。昔、グアムに行った時以来の感覚。日本の暑さとはまた違う、熱帯の暑さですね。これがいいんだよ、なんて人もいるかもしれませんが、暑さと湿度に弱い自分にはいきなり右ストレートをくらったような感じ。この先、この暑さに耐えながら観光できるのかと、ちょっと先が思いやられる感じでした。

そして、初のベトナム。思っていたとおりの光景が広がってました。

まさに水曜どうでしょう

自分のベトナムに絡んだイメージというのは、「水曜どうでしょう」のベトナム縦断カブの旅が最も大きかったのです(笑)その時、カブの多さとクラクションの音が印象に残っていたんだけれど、まさにそのとおりの光景が目の前に。迎えに来てくれたホテルスタッフの運転を横目に、密かにテンションは上がっていたのでした。

続く

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました