ダナン_2017.06旅・散歩のコト

ダナン旅行記(2017.06) その7

旅・散歩のコト
こじんまりとした岩山に、こんな建築物がたくさんあります。
この記事は約3分で読めます。

ぐだぐだ旅行記も今回で7回目。今回は、3日目のことを書きます。

3日目は、実質的な最終日。次の日の朝にはダナンを立ってしまうので、自由に動けるのはこの日が最後。とは言え、格安ツアーでの旅行だったので、当然帰りの便の座席指定などはまだできない。24h前にようやくできるようになるので、10時半まではホテルに滞在予定でした。なので、朝食を取った後にまたビーチへ。ビーチチェアで寝ながらiphone見つつ(わざわざダナンのビーチでw)、暑くてたまらなったら海に入って冷やすことを繰り返すこと数度。ようやく10時半になったので、iphoneでベトナム航空のwebへ。

ということで、無事座席も通路側を確保。行きと同じ席が空いていたので、帰りも同じ座席を確保しましたw

その後、またホテルからタクシーを利用し、こちらも行ってみたかった五行山(Marble Mountains)へ。

五行山はホイアンへ行く道の途中、それこそ、リゾートホテルが軒を連ねているエリアにあります。10分くらいですぐ到着。タクシーはチケット売り場の手前まで入ってくれるので、降りて少し歩けばチケットカウンターがあります。

入場券だけでいいのかなと思っていたけれど、特に指定しないとエレベーターのチケットも買わされるのでご注意。でも、けっこう勾配がきついし、暑さも厳しいので、エレベーターでさっと上に行ったほうがいいかもしれないです。

入場料が確か15,000ドン、エレベーターが30,000ドンまぁ、合わせても300円弱です。

こじんまりとした岩山に、こんな建築物がたくさんあります。

道中にあった龍

洞穴が幾つかあり、中に入ると仏像が。

実はここ、登れます。登りましたw

写真のとおり、山全体に宗教的な建築物が点在しており、建物もあれば、単に洞穴の中に仏像が置かれているスペースもあったりで、意外と見るべきところは多いです。道は整備はされていますが、よじ登らないと行けないようなところもあるので、靴は歩きやすいものじゃないと困るので注意ですよ。

最も幻想的だったのは、

古めかしい門をくぐって先に行くと・・・

なんとも広い空間が。ここはすごく幻想的でした。

上を見ると、天井に空いた穴から光が。午前中だと綺麗に光が刺すようです。

というわけで、ダナン市街からも近く、お手軽な観光スポットだと思います。ただし、上述したように軽い登山になるので、靴に関しては注意。

また、帰りについても山を降りればタクシーがたくさん止まっています。運転手が中にいないことが多いですが、近くで休憩しているだけなので、うろうろしていると「たくしー?」と声かけられるので、大丈夫です。それと、自分はここで水を買い込んで帰りました(笑)ホテルの飲み物は高いので。

さて、ちょっと長くなってしまったので、今回はここまで。次回は、この日の夜の夕食と最終日、帰国までを書こうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました