上田_2019.12旅・散歩のコト

上田・別所温泉(2019.12)2日目

旅・散歩のコト
この記事は約4分で読めます。

上田・別所温泉2日目です。一応おさらいですが、泊まった宿は玉屋旅館というところです。そんなに大きくないけど、すごくいいところでしたよ。

朝食

せっかくの温泉宿なので、朝食前にまずは風呂。人もあまりいなかったから、朝もゆっくり入れました。やっぱり、人が多いと落ち着かないしね。

で、朝食ですがよくあるビュッフェ形式ではなく、こちらも半個室でいただく形式です。

どちらの形式がいいかは誰とどんな旅なのかで変わりますね。今回は1人旅なのでビュッフェ形式でも良かった気もします。2人以上なら、この型式の方がゆっくり食べられるかな。とは言え、朝食に関しては割とオーソドックスでよかったですよ。温泉旅館ならこのくらいの和食で十分ですね。

普段であれば朝食抜きの日々が多いけれど、旅に出るとこうやってきちんと朝食を取ることも醍醐味というか、自分にとっては旅ならではだなぁと思います。

別所温泉 玉屋旅館
別所温泉は清少納言の「枕草子」に登場する歴史ある温泉地です。温泉はPH8.0〜9.0の弱アルカリ性単純硫化泉で、湯上りにはお肌がツルツルになるといわれる「美人の湯」。やわらかいお湯を源泉100%掛け流しでお愉しみください。

北向観音

さて、2日目の午前は別所温泉周辺スポットをまわろうと思っていました。

まずは、北向観音に向かいます。途中、温泉街というか、街中を歩いて向かったけれど、こじんまりとした町という感じで歩いても楽しい。まぁ、エンタメ要素はないから町の佇まいに何かを感じられない人は厳しいのかもしれないですね。普段でも周辺散策が好きな人ならおすすめ。

本堂が北に向いているのは国内でもあまり例がないんだそうです。あまり方角は意識してなかったけれど、昔の人にとって方角ってのは大事。京都も江戸もそうだけれど、かつての都市はきちんと方角を意識して築かれている。

逆光で見づらいけれど、上田市の指定文化財である「愛染カツラ」です。「縁結びの霊木」らしい。ここに来るまで知らなかったのですが、ここって縁結びのご利益があるところだったんですよね。知り合いでパートナー募集中の人がいるのでお守りでも買ってあげようかと思いましたが、ネタだとしてももらう立場では鬱陶しいだろうからやめておきました。

北向観音・常楽寺
信州別所温泉の厄除観音として知られる北向観音とその本坊、常楽寺の参拝に是非お越し下さい。

安楽寺

安楽寺では、国宝の「八角三重塔」を拝見。拝観科をお納めして、2〜3分山を登ります。こちらも勉強不足であまり由縁は知らなかったんだけれど、近世以前では日本で唯一現存する八角塔なんだとか。屋根が4枚あるので四重塔に見えるけれど、一番下は屋根ではなく、ひさしです。

個人的には、境内に入る山門までのこの道が好みです。朝の気持ちいい時間帯だったし、やっぱり寺は朝だね。

八角塔までの道にあるこの地蔵もいいね。地蔵があると、なんか撮ってしまうなぁ。

曹洞宗 安楽寺|トップページ
安楽寺は長野県上田市別所温泉にある曹洞宗...

別所温泉遊歩道展望台

次の目的地に向かう途中に展望台があって、そこからの景色がとてもよかったです。iPhoneのカメラじゃこの感動は伝わらないなぁ。実際には山がもっと大きく近く見えてとてもダイナミックでした。天気もよかったし、とても気持ちがよかった。

常楽寺

こちらのお寺はなんとも小綺麗だなぁというのが第一印象。個人的には少し鬱蒼とした寺院のほうが趣があって好きなんだけど、ここはここで温かみがあっていいですね。訪れたのは12月だったけど、天気もよく暖かったから、余計に小綺麗に整って見えました。

国の重要文化財「石造多宝塔」です。

多宝塔の前はこんな感じ。小さな塔がいくつかあって厳か。朝だからそう思うものの、真っ暗な夜にここに来たとしたら怖いかも。

「石造六地蔵」。先ほども書いたとおり、地蔵があると写真を撮りがち。

常楽寺|北向観音本坊
常楽寺は北向観音の本坊であり、また常楽寺...

刀屋

別所温泉の散策も終え、午前のうちに別所線で上田まで戻りました。お昼は昨日とは違う店の蕎麦を食べようと思っていて、さっそくそちらに向かうことに。今回は刀屋さんという蕎麦屋です。ちょうどお昼時だったので、若干混んでましたね。外で15分くらい待ったかな、数人並んでいました。

この刀屋ですが「真田太平記」の著書である池波正太郎が通っていたというお店だそうです。

店内はそんなに大きくなく、この日は混んでたこともあって1人客の自分は4人席に相席となりました。テーブル席と、少し小上がりもあったかな。

蕎麦だけだと物足りない気がしたし、自分が頼んだのは天ざるの普通盛。そう、普通盛です。が、品が運ばれてきたときはびっくりした。いやぁ、思ったよりも蕎麦の量が多い。自分はそれほど少食ではないけれど、それほど空腹だったわけでもなかったから、蕎麦を少し残してしまった。今考えると、もったいなかったかなぁ。

刀屋 (上田/そば)
★★★☆☆3.49 ■予算(夜):~¥999

帰路

この日は帰りの新幹線が夕方だったので、蕎麦を食べた後は上田城址にまた向かい、街中をふらふらと歩き、職場の人たち向けのお土産を物色。で、帰路につきました。

今回はほんとにふらっと出かけた感じですね。決まった目的は別所温泉にいくことしかなかったし、街中をふらふら散策しつつ、温泉ではゆっくりできました。また機会があれば、別所温泉のようなこじんまりとした趣のある温泉街に行きたいですね。

この記事を書いた人
masakiをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました