PC・ガジェットのコト

コスパ重視・安心感のあるゲーミングPCの選び方

PC・ガジェットのコト
この記事は約9分で読めます。

メルカリやヤフオクでもゲーミングPCがたくさん売りに出されているけれど、中には「え・・・これを最新ゲーミングPCとして売っちゃうの・・・」みたいなものも多かったりする。そして、子供にせがまれてあまり知識のない親がそんなPCを買っちゃってたりするのを見ると、ほんと心が苦しくなる。もちろん、そんなPCでも全くゲームができないわけではないし、多少なりとも安いんだけど、自分なら絶対そんなPCを勧めないだろうなというPCも多い。

なので、素人に多少毛が生えたくらいの自分ですが、こんなスペックのPCをちゃんとBTOメーカーで購入したほうがいいですよ、ってのを紹介できればと思います。できるだけコストを抑えつつ、安心して使えるようなものをお勧めしたいと思います。

まずはどんなゲームをしたいかを明確に

一口にゲーミングPCと言っても、どんなゲームをやりたいかでどんなPCを買えばいいのかがだいぶ変わってきます。当然コストにもかなり違いが出るので、まずはどんなゲームをしたいのかを明確にしてみてください。PCゲームなら、今だと以下の2パターンなのかなと思います。

・ファイナルファンタジーXIVのようないわゆるMMORPGと呼ばれるゲーム

ファイナルファンタジーXIV 公式プロモーションサイト
冒険者2500万突破の究極のMMORPG「ファイナルファンタジーXIV(FF14)」公式サイト。全ての冒険者よ、集え 仲間たちの待つエオルゼアの地へ。(PS4, Windows PC, Mac対応オンラインゲーム)

・ApexやFORTNITEのようないわゆるFPSと呼ばれるゲーム

エーペックスレジェンズ - ヒーローシューターの進化形 - 基本プレイ無料
「エーペックスレジェンズ」は、伝説の戦士が結集してフロンティアの辺境で富と名声を懸けて戦う、基本プレイ無料のヒーローシューター。

大きく分けてしまえばこの2パターンと思います。もちろん、同じFPSゲームでもApexとFORTNITEでは要求されるスペックに多少の違いはあるんですけど、今回は省きます。

また、基本的に大は小を兼ねる世界です。予算に余裕があるお金持ちの方は、よりよいものを購入したほうが遊べる幅は拡がります。とはいえ、私のような一般庶民にとってゲーミングPCはそれなりに大きな買い物です。自分の予算にあった、目的にあったPCを購入したいですね。

今回は、BTOメーカーであるドスパラのサイトを活用させていただき、おすすめの構成を考えてみたいと思います。また、ゲーミングPCはデスクトップがよいと個人的に思っているので、ノートPCは今回考慮しません。デスクトップなら、後でパーツの追加や変更も容易ですしね。

パソコン(PC)通販のドスパラ【公式】
パソコンの通販ならドスパラをご利用ください!ゲーミングPC、BTOパソコン、PCパーツなどを中心としたカスタマイズパソコンの通販サイトです。

MMORPGをまったり遊びたい人は

MMORPGの代表作は上述のとおりスクエニのファイナルファンタジーXIVです。MMORPGがしたいなら、これを外す人はあまりいないんじゃないかな。サービス開始から10年近く経ちますが、いまだにプレイヤー人口が伸びているすごいゲームですよね。

また、他にはセガの PSOニュージェネシスであったり、同じくスクエニの ドラゴンクエストX などもMMORPGです。

これらのゲームをメインに遊びたい場合は、比較的安価なスペックで長く遊べると思います。もちろん、今後ハイスペックを要求されるMMORPGが出てくる可能性もあるとは思いますが、現状を見る限り数年はないと思います・・・。

ゲームによってはBTOメーカーとのコラボで推奨PCを販売していますので、そちらをまず見てみましょう。とりあえず、ファイナルファンタジーXIV推奨モデルを見ていきます。

ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ 推奨パソコン 新モデル登場!|ドスパラ公式通販サイト
光の戦士たちよ、漆黒を纏い、運命に抗う反逆者(ヴィランズ)となれ!ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ 推奨パソコンならドスパラのGALLERIA!

こちらのコラボモデルで最も安価なのはこちらのPCです。

ファイナルファンタジーXIV 推奨パソコン GALLERIA XA5R-67XT

OS:WIndows 10 HOME 64ビット
CPU:Ryzen 5 5600X
グラボ:Radeon RX 6700 XT 12GB
メモリ:DDR4 16GB
ストレージ:NVMe SSD 1TB

デスクトップ型のコラボモデルで、価格は最安とは言え249,980円。値段相応によいPCだと思いますが、MMORPGで遊ぶのであれば十分過ぎる構成です。もっとコストを抑えてもいいんじゃないかと思います。

例えば、CPUはコストパフォーマンスのよい Intel の Core i5-12400 をおすすめします。とてもバランスがよく人気のCPUで、性能は上述の推奨PCのCPUに引けは取りません。グラボも Geforce RTX 3050でいいかなと思います。廉価版モデルなので予算が厳しい人にはよいグラボですね。ストレージも半分の500GBに抑えると、総額154,980円まで下がります。

正直、ファイナルファンタジーXIVならこのスペックで十分。実際この構成でMMORPGをプレイしたとしても、不満や違和感は感じないと思いますし、安心感もある構成だと思います。グラボが若干非力と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、私の経験上、FF14で遊ぶには全く問題ないと思います。最近まで、Core i7-6700、GTX 1060で遊んでいた自分の経験談です。

少し非力と思うようであれば、グラボをRTX 3060に上げるのがよいですね。コストは189,979円と少し上がりますが、3060ならMMORPGをかなり余裕をもって遊べると思います。

GALLERIA RM5C-R36

気を付けたいのは、これはあくまでデスクトップPC本体の値段なので、実際にはモニターも同時に購入する方が多いんじゃないでしょうか。モニターも2~3万円はかかりますので、そこは忘れずに抑えておきたいですね。

FPSでバリバリ遊びたい人は

ApexなどのFPSゲームでがっつり遊びたい人は、それなりのスペックを要求されます。ただ、ゲームによっては必要とされるスペックに多少の幅がありますね。

Apexであれば、スペックはよいに越したことはないはずです。また、これまたメジャーなFORTNITEであれば幾分低スペックでも問題なく遊べるかと思います。問題は、フレームレートと呼ばれる数値で、これをどれだけ上げられるかでストレスのないプレイをすることができるはずです。

フレームレートとは、1秒間にどれだけの絵を表示できるかという指標です。私たちが動く映像をモニターで見れるのは、要は静止画を連続して見せているので動いているように見えるに過ぎません。要は、パラパラ漫画と同じ理屈です。この1枚1枚の画像が多ければ滑らかな動画になりますし、少なければカクカクとしたものになります。FPSゲームの場合、このフレームレートが高いほど有利になりますので、ここにこだわってPCをカスタマイズする人は多いですね。

ではフレームレートを上げるためにはどうすればいいか、これはグラボの性能次第と言っても過言じゃないと思います。どれだけよいグラボを積めるかでこの数字がかなり違ってきます。ドスパラでも、よりフレームレートを稼げるお高いグラボをお勧めしていますね。

NVIDIA GeForce RTX30 シリーズ 究極、登場|ドスパラ公式通販サイト
NVIDIA GeForce RTX30 シリーズ 究極、登場 BTOパソコン通販ならドスパラ【公式サイト】をご利用ください!BTOパソコン通販を中心としたカスタマイズパソコンのネット通販。パソコンショップも全国展開中です。

ただし、グラフィックボードは昨今の半導体不足やマイニングブームなどもあり、価格の高騰が続いています。最近は徐々に下がり始めているものの、まだまだ高いことに違いはありません。例えば上述のページでお勧めしている最高構成のPCは、なんと699,980円です。

GALLERIA UA9C-R39T

OS:WIndows 11 HOME 64ビット
CPU:Core i9-12900K
グラボ:NVIDIA Geforce 3090Ti 24GB
メモリ:DDR5 32GB
ストレージ:NVMe SSD 1TB/ HDD 2TB

最高の構成ですけど、現実的じゃありません・・・。

プロゲーマーやゲーム実況者とのコラボモデルもドスパラではたくさん売られていますので、そちらを参考に検討してみるのもよいかと思います。Apexをプレイしている方のおすすめであれば安心感はあるんじゃないでしょうか。

私は、FPSを遊ぶ場合も基本はMMORPGのときの構成に近いものでいいかなと思っています。要はグラフィックボードの性能だけを上げれば最低限問題ないはずです。そちら踏まえつつコストパフォーマンスを考えて、個人的におすすめなのはこちら。

価格は199,800円。先ほどおすすめしたものとの違いはグラフィックボードが変わっているだけです。ある程度ハイスペックが求められるFPSゲームをストレスなく遊ぶには、個人的にはRTX 3060Ti 以上を利用したほうがいいと思います。予算が厳しいようなら下位モデルのRTX 3060でもよいかもしれません。最低でも3060以上は積みたいですね。

補足すると、CPUに関してはCore i5で十分とは思いますが、上位モデルのCore i7にしてもよいかと思います。CPUもフレームレートに影響を与えますしね。また、ストレージが少し足りない気もしますので、後で追加もできますが、最近のゲームはストレージ容量をかなり使うので、初めから1TBに増やしておいてもいいかもしれませんね。同じ構成でストレージを倍にした場合、+9,900で209,880円です。個人的には予算が許せばストレージ(SSD)容量を1TBに増やすことをお勧めしたいです。

また、FPSゲームの場合、モニターの選び方も大事です。いくら高スペックのPCでフレームレートを高めても、モニターの性能が悪いと良さを引き出すことができません。なので、モニターにもお金をかけるために、PCにかけるコストをちょっとだけ抑えるという考え方もありかなと思います。モニターに関しては今回は触れません。また機会があれば書くかも。

ちなみに私のPCは

現状、私がメインで利用しているPCのスペックは以下のとおりです。

OS:WIndows 10 HOME 64ビット
CPU:Core i9-10900K
グラボ:NVIDIA Geforce 3060Ti 8GB
メモリ:DDR4 16GB
ストレージ:NVMe SSD 1TB/HDD 4TB

基本、先ほどおすすめしたPCと同じような構成です。こちらのPCでMMORPGもFPSも、FPSは苦手なのでちょっとだけですが・・・、ゲームやその他で活用しています。何をするにもこのPCに不満はありません。

最後に

冒頭にも書きましたが、怪しいゲーミングPCって結構あります。ゲーミングPCの定義はありませんので、ゲームが起動すれば、あるいはただパーツを光らせればそれだけでゲーミングPCだと謡ってるPCもメルカリ等では少なくないと思います。ゲームが動くことと、快適にストレスなく遊べることはだいぶ違いますので、安いからと飛びつかずに、信頼できるBTOメーカーなどを利用してゲーミングPCを購入することをお勧めしたいです。

PCを購入してゲームで遊ぶことを楽しみにしていたのに、届いたPCで遊んでみたら全然快適に遊べなかった、なんて悲しいです。高い買い物だけに、もし周りに詳しい人がいるのであれば購入前に相談してみてください。なんなら、私でも多少はアドバイスできると思いますので、気を付けてくださいませ。

この記事を書いた人
masakiをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました