映画・音楽のコト

映画・音楽のコト映画・音楽のコト
映画

「東京2020オリンピック SIDE:A」レビュー

先日、映画「東京2020オリンピック SIDE:A」を観てきました。この作品は東京2020オリンピックの公式映画です。2部構成となっており、今回は「SIDE:A」主にアスリートに焦点を当てた作品です。既にいろんな評価もされている作品ですが、...
映画・音楽のコト

槇原敬之コンサートツアー2022「宜候」

5/18(水)川口総合文化センター・リリアメインホールで行われた槇原敬之のコンサートツアー「宜候」に参加してきました。例の出来事の後、初めてのツアーということもあり楽しみだったので、別の用事と被ってしまいどちらを優先するか迷ったのですが、こ...
映画・音楽のコト

槇原敬之『 Birds Stop Twittering Tonight 』

自分はなんだかんだでブログやメッセンジャーなんかは嫌いじゃない。FacebookやTwitterもそう。誰でもってわけではないけれど、それこそなんでも伝えたがるところは若干あるという自覚がある。もちろん、言っちゃいけないことを判別できるくら...
スポンサーリンク
映画・音楽のコト

秦基博『鱗』

何年か前からオフィスオーガスタ関連のアーティストの曲をよく聞いている。なんだか、自分の好みとよく合うんだよね。スキマスイッチしかり、山崎まさよししかり、その他のアーティストも含めて大抵自分のストライクゾーンに入ってくる。 その...
映画・音楽のコト

山崎まさよし Live ” Quarter Note “

2/21(土)に初めて山崎まさよしのLiveに行ってきた。そんなに大きな箱じゃないけど、なんと最後列(笑)それでも、そんなに遠くには感じなかったからOK。 YAMAZAKI MASAYOSHI CONCERT TOUR 2020 “Q...
映画・音楽のコト

理解してくれる人の重要性「JOKER」

映画は最近月1〜2くらいの頻度で観ているけれど、先日「JOKER」を観てきました。もうちょっと後にと思っていたけれど、その日に観ようと思っていた映画を些細な理由で諦めたので、代替としてその日に観てきました。 「JOKER」とい...
映画・音楽のコト

Augusta Camp 2019

昨年に引き続き、今年も「Augusta camp 2019」に行ってきました。去年は散々な目にあったのに、今年も往復バスツアー。 ちょうど開場時間に合わせたように着いたので、終演までおよそ8時間、なんだかんだであっという間の時...
映画・音楽のコト

槇原敬之『軒下のモンスター』

最近、LGBT関連の話題を多く見る。ま、個人的な意見を言わせてもらえれば、別段、誰がどんな性的嗜好があるかはどうでもいい。ただし、これまでの社会はそれを許容していなかったわけで、様々な問題が起こるのは当然のこと。人は、結局他人のことは理...
映画・音楽のコト

槇原敬之『冬のコインランドリー』

今日書こうかなと思ったのはいつもどおり槇原敬之の「冬のコインランドリー」という曲です。2010年のアルバム「不安の中に手をつっこんで」に収録されています。 冬の曲こそ、槇原敬之の真骨頂である。と、思っている人は...
映画・音楽のコト

槇原敬之『君の後ろ姿』

今まで片思いに苦しんだという経験があったかと思い起こすと、今となってはあまり思い出せない。いや、相手に困らなかったとかそういうわけでもないし、振られた経験も人並みにあるし、想いを引きずったこともあるけれど、片思いって・・・どうだっただろ...
映画・音楽のコト

楽曲への想い「Bohemian Rhapsody」

ほんとは公開初日に見ようと思ったんだけれど、1日遅れて11/8土曜日に「Bohemian Rhapsody(ボヘミアンラプソディ)」を見てきた。 期待以上かと言われればそうではないと答えるけれど、期待通りだったし、何より、より深く...
映画・音楽のコト

なぜ未来から?「未来のミライ」

本日は「未来のミライ」を見てきました。なので、ざっくりと感想などを。 正直、何かを期待していたかと言えば難しい。最近はまったく事前情報がない状態で映画を見ることが多いから、特に大きな期待もなしに、なんとなく見てみたいという衝動...
映画・音楽のコト

槇原敬之 ” Time Traveling Tour “

今日は1年ぶりに槇原敬之のコンサート。いつもは都内に出るんだけど、今回は大宮ソニックシティの回に。今までも大宮でよかったんだけど、なかなかチケットが取れなかったんだよね。都内のほうが箱がでかいので取りやすかったというのもありで。 ...
映画・音楽のコト

葛藤の重要さ「Lady Bird」

ちょっと前に見た映画で「Lady Bird」というのがあり、Facebookには感想を書いていたので、こちらにも転載。 見ようと思っていた「Lady Bird」を見てきた。 まぁ、予告動画などを見る限り、おっさんが見る映画ではな...
映画・音楽のコト

人を知るということ「Wonder(ワンダー 君は太陽)」

今日は昨日公開された「Wonder(ワンダー 君は太陽)」を観にユナイテッドシネマ浦和へ。 この映画も前から見たいと思っていた。映画の情報ってどこで仕入れるかっていうと、自分は映画館そのものなんだよね。観たい映画を見に行って、...
映画・音楽のコト

社会と差別「The Help」

(Facebookに投稿した記事の転載です。) 友人から見て感想を聞かせて欲しいと言われていた「ヘルプ(The Help)」を見た。 観単に言えば、公民権運動、しかも、アメリカ南部での人種差別の実態を(加害者も被害者も)女性に焦...
映画・音楽のコト

槇原敬之『今年の冬』

久々に曲の紹介記事を。今回も槇原敬之ですが、お気になさらず(笑)今回は1994年のアルバム「PHARMACY」から『今年の冬』という曲です。 PHARMACY 槇原敬之 多くのファンにとっては当たり前のことですが、槇原敬之...
映画・音楽のコト

槇原敬之『LOVE LETTER』

毎日、心を動かされる出来事には事欠かないんだけど、ブログ記事にできる出来事となるとそれほど多くない。気持ちを全て書きなぐっていいなら延々と書き続けることはできるけど、そうも行かない。ま、自分はブログであれFacebookであれ、自分を素直に...
映画・音楽のコト

市井の人々:ナミヤ雑貨店の奇蹟

(ちょっと前にFacebookに投稿した記事の転載です。) 先週、体調が悪くて行けなかった「ナミヤ雑貨店の奇蹟」を見てきました。ということで、ちょっとした感想を。 さて、結果から言ってしまうと70点くらいの出来と感じた。ところど...
映画・音楽のコト

槇原敬之『You are what you eat.』

ネタ的にそろそろ別の話題をと思ったけど、今日は最近書いている好きな曲の紹介と、仕事のことを融合させた記事を。 本日紹介したい曲は、槇原敬之の最新アルバム「Belierver」に収録されている「You are what you ...
タイトルとURLをコピーしました